よくあるご質問

CARBON NEUTRAL CO2削減への取り組み

温かい雰囲気に包まれた、くつろぎの空間

カーボンニュートラルとは? 温室効果ガスの排出量と吸収量を均衡させることを意味します

2020年10月、政府は2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、
カーボンニュートラルを目指すことを宣言しました。
「排出を全体としてゼロ」というのは、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの「排出量」 から、
植林、森林管理などによる「吸収量」 を差し引いて、合計を実質的にゼロにすることを意味しています。
カーボンニュートラルの達成のためには、温室効果ガスの排出量の削減
並びに 吸収作用の保全及び強化をする必要があります。
※ 人為的なもの

カーボンニュートラルとは?

出典:環境省ホームページ
https://ondankataisaku.env.go.jp/carbon_neutral/about/

「カーボンニュートラルやまがたアクションプラン」の要素をわかりやすく解説した「やまがたカーボンニュートラルガイドブック」はこちらからご覧になれます。

カーボンニュートラルへの柿崎グループの取り組み

本プロジェクトは、山形県最上エリアを中心とした森林及びグループ所有林を有効活用し
6,800kWの発電出力で、約75,000トンの燃料チップを消費する
「木質バイオマス発電」による再生可能エネルギーによって
サプライチェーンを築きふるさとに貢献するプロジェクトです。
地域密着した森林資源の有効利用と森林の再生と保全、電力の安定供給、林業活性化や雇用創出、
更にはエネルギーの自給化で二酸化炭素(CO2)の発生を抑える
カーボンニュートラルによるグリーンエネルギーの促進によって
ふるさとの「循環型社会づくり」に貢献いたします。※ 山形県は最上から庄内、秋田県は湯沢から横手にかけて約1,500haの山々

カーボンニュートラルへの柿崎グループの取り組み

原木の活用イメージ

1本の木からは、用途別にA・B・C・Dの材料が出ます。
A材 → 製材
B材 → 集成材・合板
C材 → チップ・木質ボード
D材 → 搬出されない林地残材
A材、B材は用材として利用し、低質材のC・D材並びに間伐材をバイオマス燃料として利用します。洪水時の災害の要因にもなっていた林地残材をバイオマス燃料として有効活用します。

カーボンニュートラルへの柿崎グループの取り組み

出典:もがみ木質バイオマス発電プロジェクト
http://mogami-biomass.jp/project/

山形国際ホテルの取り組み事例

プラスチック削減委員会

プラスチック削減委員会

委員長を支配人とし、委員は各部署より選出された7名の合計8名で構成。(総務部、宿泊部、料飲部、調理部、営業部、管理部、同系列ホテル)今後、労働安全衛生委員会、衛生管理推進委員会同様に月1回の委員会を実施予定しています。

脱炭素事業への新たな出資制度

脱炭素事業への新たな出資制度

環境省は脱炭素事業に意欲的に取り組む民間事業等を集中的、重点的に支援するため、財政投融資を活用した出資制度の創設を検討しています。12月24日には、令和4年度財政投融資計画が閣議提出され、上記機関への産業投資200億円が盛り込まれました。

地球温暖化対策計画等の見直し

地球温暖化対策計画等の見直し

2021年10月22日に、「地球温暖化対策計画」「パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略」「適応計画」「政府実行計画」「エネルギー基本計画」を閣議決定いたしました。
「地球温暖化対策計画」「パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略」は中央環境審査会(環境省)・産業構造審査会(経済産業省)の合同会合で、長期のビジョンを見据えつつ、地球温暖化対策計画の見直しを含めた我が国の気候変動対策について、審議を進めました。

バイオマスアメニティー

バイオマスアメニティー

削減対策が義務化されているハブラシ、ヘアブラシ、カミソリの3品目にコットンセットを合わせた計4品目をバイオマスアメニティーに切り替えました。

2022年4月

プラスチックペットボトルウォーターの無償提供廃止

プラスチックペットボトルウォーターの無償提供廃止

系列ホテルの新庄ニューグランドホテルにて、プラスチックペットボトルウォーターの無償提供を廃止し、ウォーターサーバーをベンダーコーナーに設置しました。

2022年4月

「ウォッシャブルスリッパ」に切り替え

「ウォッシャブルスリッパ」に切り替え

使い捨てスリッパから地球環境にやさしい「ウォッシャブルスリッパ」に切り替えました。

2022年6月

キングラン社のレースカーテンに切り替え

キングラン社のレースカーテンに切り替え

キングランのカーテンは、環境負荷低減に貢献していくため、全て「グリーン購入法」でのカーテン調達基準に準拠した、リサイクル対応商品です。カーテンの生産から環境貢献を考え、全品目に再生繊維を使用しております。
出典:KINGRUN公式ホームページ

2022年8月

SITEMAP サイトマップ

close